離婚相談でスムーズに新生活へ。

冷静に対応したい浮気の離婚慰謝料

冷静になろうとしても、浮気の離婚慰謝料をするという時には怒りがこみあげてしまい、たくさんの離婚慰謝料を請求したいという事で、感情的に対応してしまいがちです。

しかし、感情的になってしまった状態で、浮気離婚による慰謝料請求についてベストな対応ができるとは思えません。

浮気の離婚慰謝料について、本人の顔を見ると、怒りの感情が出てくる人は、浮気の離婚慰謝料を相手にするのではなく、法律家にするといいでしょう。

他人である法律家なら比較的落ち着いて浮気の離婚慰謝料の話ができる事もあるでしょう。話を丁寧に聞いてくれて、味方になってくれる事もあると思いますので、落ち着いた気分でいい結果を目指す事ができるでしょう。

浮気離婚慰謝料が請求できるケースとは

浮気が原因で離婚せざるを得なくなったケースでは、通常浮気離婚慰謝料を請求することができます。配偶者の浮気というのは、法律上「不貞行為」と呼ばれます。夫婦の間には貞操を守る義務があるからです。

この貞操義務というのは、内縁関係においても成立します。つまり夫婦の根幹をなすものです。さて、浮気離婚慰謝料は浮気をした配偶者だけではなく、浮気相手にも請求が可能です。

しかし、この場合、不倫行為が「故意または過失」であることが条件になります。つまり、相手が結婚していることを知っている上で不倫を行った場合に請求が可能となります。

浮気離婚慰謝料を支払うことになる原因とは

夫婦が離婚するとき、理由によっては一方に離婚慰謝料が支払われるケースがあります。離婚慰謝料の金額は、離婚の原因や婚姻期間の長さなどを総合的に考慮して、夫婦の間で納得できる金額が決められます。

離婚慰謝料の生じるような離婚原因として、特に多く見られるのは、どちらかの配偶者による不貞行為です。他にも、離婚を希望していなかったのに、結果的に離婚する状況になってしまった場合、その状況を作り出した側の配偶者は、相手配偶者に対し離婚慰謝料を支払う義務が生じます。

浮気離婚慰謝料は、夫婦の状況などに左右されますが、一般的には50万円から400万円程度の範囲で決められます。200万円から300万円程度が浮気離婚慰謝料の平均値となっています。

モラハラ離婚や浮気離婚慰謝料に関する記事

ページトップ